近大居合道部刀法研修会LOGO

−学生日本刀真剣斬り刀法研修会開催風景−


平成20年3月度 第17回 学生日本刀真剣斬り刀法研修会


【目的】 型のみではなく『実際は』という手の内、間合、刀筋を自得する。
      ・ 構え、足裁き、鍛錬棒素振り、移動稽古。
      ・ 鍛錬棒から日本刀に連携 中心の攻め合い。
      ・ 試し斬り 型で斬る、三つの間合で斬る 目測により間合を知る稽古。

参加者記念写真
参加者記念写真

鍛錬棒素振り風景1
鍛錬棒素振り風景2 鍛錬棒素振り風景3

近大名物鍛錬棒素振り

日本刀素振り風景
鍛錬棒から日本刀へ連携

日本刀攻め合い風景
間合の自得。二人一組で互いに中心を攻め合う

監督指導風景
正眼の構えの大事。相手の中心を攻め自身の中心を守る

試し切り風景1
試し切り風景2 試し切り風景3

三つの間合で斬る(遠間、一足一刀、近間)。中村流抜刀道左右袈裟斬りの大事。
試し斬り研修 OB上級生の演武。この後、現役生徒による試し斬り。

素振り指導風景
試し斬り技量未熟者は、コーチより鍛錬棒素振りを指導される(100本)

レチ・クレバノフ1 レチ・クレバノフ2
抜刀道研修中の空手道家 レチ・クレバノフ


ページトップ
Copyright 2007-2017 近畿大学体育会居合道部 All rights reserved.