近大居合道部刀法研修会LOGO

−平成20年度 近畿大学秋月祭真剣斬り−


淡井主将による真剣斬り披露



近大居合道部4年生になると、これぐらいの技量は当然である。 据物に対して間合を計らず目測で把握し斬る。 居合は形の勝負ではなく正しい間合と姿勢、そして必ず斬ってしまうという強い心で臨む。 円形線、間合、刀筋、角度、手の内、全てが気剣体の一致。 この緊迫状態で形を修行することで、全ての形が生きる。 この実体験のない形は型である。(監督/大塚)



Copyright 2007-2017 近畿大学体育会居合道部 All rights reserved.