近大居合道部刀法研修会LOGO

−第12回 国際抜刀道全国大会参加風景−


■■■ 中村泰三郎先生七回忌追悼 ■■■


【開催地】平成21年11月23日 神奈川県横浜鶴見スポーツセンター

外国人勢も多数参加し、近大生にとっても国際大会に出場することは大きな経験になった。 従来の型を比べるだけでなく「実際は」という真剣斬りの大会である。
今回2回目出場の4回生/淡井孝輔君が2段以下の部で初優勝した。 近大で真剣斬りを指導して30数年になるが漸く結果を出せた。

参加者記念写真
左より 大塚監督/3回生 吉岡要/4回生 淡井孝輔/日高コーチ/3回生 大場友裕

全体記念写真
国際抜刀道連盟大会スナップ

淡井孝輔君写真



優勝 淡井孝輔君の姿勢と
位のある見事な真剣斬り

淡井君監督記念写真



責任を果たせたと語る
淡井君と記念写真

吉岡要君写真



個人戦 吉岡要君
左袈裟斬り

大場友裕君写真



個人戦 大場友裕君
左袈裟斬り

日高コーチ写真



個人戦 五段以上の部
日高コーチ 逆袈裟斬り

大場君と吉岡君写真



組太刀の部
大場君 吉岡君

日高コーチと淡井君写真



組太刀の部
日高コーチ 淡井君

今回は2回目出場の淡井君が外国人を抑えて初優勝、「後輩に示すことができてよかった」と語っている。 また、大場君と吉岡君も国際大会に初出場したことで、来年に繋がる戦いであった。 真剣斬りの世界を知り外国勢の真剣さを目の当たりにし己の立場、腕を自覚する。 そして、外国勢と親しみ友好を深めることができた。 できれば、他大学も参加してほしいものです。 真剣斬りは空間斬り刀法ではなく、実際の間合や目測、円形線/角度/移動斬り/刀の止め方など全ての要素があり、 これを体験したかしないかでは実際の手の内が違う。 武道は体験にあり、剣道の四戒、恐れ、驚き、疑い、迷いを払拭するのが心の鍛錬であり、 その過程に真剣斬りがあり、指導法として安全刀法の抜刀道が存在する。(監督/大塚)

ページトップ
Copyright 2007-2017 近畿大学体育会居合道部 All rights reserved.